Wednesday, November 22, 2006

www.gogorider.com

Tuesday, March 07, 2006

なに




What is gogorider...

朝、目が覚めると、異国の地で、ちょっとかわったバイクと一緒のあなた・・・そしてあなたのために、少数民族が焚き火で朝食を作っているところを想像してみてください。

ゴーゴーライダーはそんなところへあなたをご案内します。ゴーゴーライダーはベトナムの北部と中心部、そしてラオスへお連れします。

ゴーゴーライダーは、あなたの知らない世界へ安全でそして楽しくご案内いたします。ちょっと、そこの君!首都高がどんなに混雑しているか考えてみてください、でもそこには交通ルールなんてないということも

Experience

ガイドは、この発展途上国の(交通が激しい)道路をあなたが問題なく利用できるように道路を案内し、刺激的でかつ面白い場所へとお連れする経験を持っています。

そしてガイドは、万が一バイクに問題があってもバイクのことを知り尽くしているので心配することはありません。もちろん修理費などすべてツアー料金に含まれています。

清潔で心地よくお泊りいただけるゲストハウスやホテルなどの宿泊施設もご用意しています。ツアー中うち1泊は1/
2星の民宿風山荘の隣に位置する、5ツ星ホテルにお泊りいただけます。

Safety

あなたがお乗りになるバイクは十分に整備されたロシア製のクラッシックバイクで世界の向こう側ベラルーシで製造され、長年、田舎で荒仕事に使われてきました。今、完全に復活し、さあ出発!

ガイドがバイクの乗り方、交通ルールをきちんと指導し、本当に危険な交差点や道路を避けて、安全なルートでご案内いたします。

最もよい旅は、安全でわくわくするような旅です! 道端のサンダル、敷物売り交通ルールのない交差点竹ざおの橋

いつ






バイクツアーのベストシーズン

私たちのツアーはベトナムの北部ハノイを拠点としています。

ハノイは北回帰線の内側にあります。ホン河(紅河)と国境付近の山々に囲まれアジアの中でも亜熱帯気候に属し四季らしきものがあります。それぞれの季節によって景色も変わりどの季節に訪れても楽しむことが出来ます。 夏は4月から10月中旬までです。中でも一番暑い時期は6月、7月、8月です。雷雨もまたすばらしいものです。晴れた日にはT-シャツ、ショートパンツでライディングを楽しむことが出来ます。 11月から3月にかけては比較的過ごしやすいですが、時折、天気の崩れにより雨がちになることがあります。ライディングジャケットやプロテクターをお貸しするチャンスがあるかもしれません。(これらはすべてツアー料金に含まれています。)

月曜日???">金曜日または土曜日→???

このツアーはあなたのご都合がいい日をお選び頂けます。 GO- GO- スタッフはあなたの冒険心とその絶好の機会に柔軟に対応いたします。 Every day is a workday in Vietnam. 少数民族の市場などは特定の日のみ開かれています。あなたのガイドは市場やそこの民族の事に精通しており、無数の色の民族衣装や人々に出会えるチャンスがあるでしょう。

一日何時間くらいのツーリング?

そ れぞれのツアーによってスタート地点と目的地が異なります。一般的なのが一日に5時間から6時間、昼休憩、その土地の人たちと風景を見ながらのショートブ レイクが含まれるツーリングとなります。日が暮れないうちに目的地に到着し、夜の御馳走の前に冷たい飲み物で一息つきましょう。

どのくらいの期間でベトナムが味わえるの?

ガイドはモンゴル・中国・フランスの兵士達が過去に侵攻したようなところにも訪れた経験があります。

人里離れた開発が進んでいない数少ないいなかです。

1泊2日の旅では少数民族の高床式のうちにホームステイすることが出来ます。

2泊3日の旅では少数民族の生活を味わう事が出来ますが、初日と最終日はすこしきついライディングになるかもしれません。

3泊4日の旅は素晴らしい田舎の景色に加え町並みそして5泊6日になると、ラオス/中国/ベトナムの国境付近の環状線を走る事が出来ます。このエリアはもっとも少数民族が生活している地域でもあります。

経験豊かなライダーの方で長旅が好きな方はベトナム北部を14日間楽しむ事も出来ます。いろいろな種類のホテルに泊まる事が出来、きままに小道や主要な道を走る事が出来ます。

最適なツーリングの期間は?

一番人気があるツアーは2泊3日の旅です。なぜならほとんどの日本人の方々が休暇を取るのに限界があるからでしょう。

.一番良いツーリングの期間は6泊7日です。荒々しい田舎のライディングの最後は5つ星のヒルトンホテルに宿泊 する事が出来ます。

!このツアーはあなたの望んでいる事がなんでも出来ます。私たちにご相談下しさい。

だれと?


山にある学校・・・



地元のお茶を楽しんでいるところ

ガイド

あなたのガイドは500ヘクタールの農場で初めてバイクに乗りました。

彼は日本、イギリス、イタリア、タイ、ラオス、オーストラリア、ニュージーランド、そしてもちろんベトナムに住みながらバイクを乗り続けてきました。彼は、広範囲に渡る知識と国の規則を理解しており、さらにバイクの修理の仕方、どこに宿泊するかなどの知識も得ています。またあなたの安全な食事をオーダーするのもお手伝いします。(犬、猫はベトナムではよく食べられています)そしてもちろん旅の途中の軽食も・・・・。

少数民族

現 在ベトナム国家が認定している民族は56民族です。しかしほとんどの民族は同化しており、自尊心の強い人たちは自分たちの田畑や文化、民族衣装を守り続け ています。昔からの文化を感じるのはすばらしく大変興味深いものです。赤ザオ族の巨大なスカーフや白タイ族の白いシャツにカラフルな飾り帯を観光バスの中 からではなくご覧頂けるようにお手伝いいたします。髪をなびかせながら新しい世界を見つけてください。

ゴーゴーベトナムについて

信頼できる日本人マネージャーとニュージーランド人のガイドと共に提供する小さい会社ですがユニークでほかでは味わえない旅行ができることをお約束します。

Monday, March 06, 2006

なぜ?

古いバイクと古い自転車の出会い・・・


花モン族の市場でヤギが売られているところ

新しい目的地
あなたがバイクに乗るのが好きであるように私もです。世界の多くの場所でバイクは乗る事が出来ますがベトナムほど良い国はありません。この 国はテロの心配なしで旅行できる安全な国です。そして、人々はとても好意的です。 共産主義社会の下で自然は保たれ、舗装されていない道路が目立ちます。 しかしあと5年もすれば驚くほどの早さで開発が進み現在のベトナムを見る事が出来なくなるでしょう。

バイク
ミンスクは野獣と表現できるでしょう。そしてミンスクは遺物です! ロシア人が第二次世界大戦の数日後にBMWのデザインからコピーしたものです。まだ著作権が問題になる前に。そして、ミンスクはそれは以来、発展していません。 「壊れていないものを修理しないように」と私の祖父が言ったように。

自由
もしあなたが望むならヘルメットなしで乗れると想像してください! 屋台に座って日が沈む前に一杯ビールを飲むところを想像してください。あなたの夢を実現する事が出来ます。ゴーゴーツアーと一緒に、見て、感じて、バイクに乗りながら自由を感じる事が出来ます。

www.gogorider.com

コロニアル調のオペラハウス


コロニアル調のオペラハウス

どこ



山 VS ビーチ.

GO- GOは首都、ハノイで営業しています。 ハノイはベトナムの北部にあり、ラオスと中国の山に囲まれた比較的近い場所にあります。
北部のビーチはあまり有名ではありません。北部はライダーにとって興味深い道ばかりです。ベトナムの文化はビーチではなく山々で見つけられる事でしょう。 ヒルクライム用に作られたタフなバイクで河川黄疸もする事が出来ます。

日帰り旅行
まずバイクでハノイの首都をライディングします。まるでビデオゲームの中を加速しているようです。自転車で走っている果物商人たちはふらふらしながらブレーキも利かないような自転車を運転していますから、かわしながら走ってください。そして、都市の光景、音、においを感じて下さい。 他の旅行者が経験しないような首都ハノイと紅河のデルタを満喫していただけます。 工芸品の村に立ち寄りなら町を抜けて行きます。そして最後には、地ビールと、素晴らしいローカルのごちそうを味わっていただきます。居酒屋/屋台のようなところでは蛇/タツノオトシゴ/ヤモリ/ミツバチ/地酒が御馳走になります。

長旅
朝の交通ラッシュといくつかの危険な道路を抜け最終的に田舎に到着します。そして地ビールでのどの渇きを癒してください。
その後険しい山、峠を走っていただきます。1泊目は少数民族の高床式の家に泊まる事が出来ます。
2泊の場合はさらに山奥まで進む事が出来ます。ジャングルに覆われた丘、谷を越え高台の峠のライディングを楽しんでください。夜は民宿に泊まり、民族の人たちの歓迎を大いに受けてください。
3泊目の場合はラオスの国境にそって走り夜は民族の家に宿泊もしくはソビエト時代の遺物でもある国営ホテルに宿泊する事が出来ます。
4泊の場合ハノイ北西の中心地を見る事が出来、5泊目は中国との境界にある山々に囲まれた避暑地を楽しみます。
6泊目はラオスと中国の境界に沿って走ります。
そして北西部を周りながら山道。流域、さらに多くの民族をご覧頂けます。

ツアー:1
1日目: ハノイ、ノイバイ空港に到着。ガイドと共に空港から市内のホテルに移動していただきます。夕食そして次の日のツーリングについてご説明いたします。
2日目: 早朝に出発し、ハノイで人気の朝食を食べます。 街を抜けてラオスの境界に向けていくつもの丘を越えていただきます。道の途中に所々にある売店(屋台)に軽食のため何度か止まります。 1200mの峠と民族の高床式の家のある深い谷をさらに進みます。”黒川” の南側を沿って走ります。少数民族の高床式の宿泊設備に到着します。そこで御馳走を食べて、飲んでゆっくりお休みください。
3日目: 朝食の後、様々な戦争で使用された洞窟を少し見てから、次に、舗装されていない道を走ります。高地の丘の高床式の家を見るのにすこし道から外れます。1000年間も変わらない道を走りながら、村を抜けて行きます。
ハノイ市内では、フランスの植民地時代の建物の間を走っていただきます。しばらくリラックスしてください。
夕食は山羊、ウサギ、蛇、地酒などを出す専門店にご案内します。


ツアー:2
1日目: ハノイ、ノイバイ空港に到着。ガイドと共に空港から市内のホテルに移動していただきます。夕食そして次の日のツーリングについてご説明いたします。
2日目:早朝に出発し、ハノイで人気の朝食を食べます。 街を抜けてラオスの境界に向けていくつもの丘を越えていただきます。道の途中に所々にある売店(屋台)に軽食のため何度か止まります。 1200mの峠と民族の高床式の家のある深い谷をさらに進みます。”黒川” の南側を沿って走ります。少数民族の高床式の宿泊設備に到着します。そこで御馳走を食べて、飲んでゆっくりお休みください。
3日目: 朝食後は舗装されていない道、岩の多い道、谷の中を走って、貿易の街に到着します。そこでお昼を食べます。さらに奥深くへと進んでいただき1日目に訪れた民族とは異なった民族の高床式の家に泊まります。御馳走と地酒をお楽しみください。
4日目:朝食後、フェリーの渡航地点まで唯一の道である峠道を抜けて行きます。そこから有名なホーチミン・ルートを通ってハノイまで走ります。この日は258キロという長い道のりでおよそ7時間走ります。
ハノイに到着後5つ星のホテルでシャワーを浴び夕食前に少しお休み下さい。ベトナムのエキゾチックな食物と地酒をお楽しみ下さい。

ツアー:3
1日目:ハノイ、ノイバイ空港に到着。ガイドと共に空港から市内のホテルに移動していただきます。夕食そして次の日のツーリングについてご説明いたします。
2日目: フランス風のカフェで朝食をとりますそれから北西の丘陵地帯へ紅河のデルタ沿いに走ります。フン・リエン山脈の北側へ向かいます。南東アジアで最高峰のファン・シ・パン山がある山脈でもあります。それから陸軍基地の街Nghia Loに宿泊します。そこで御馳走と飲み物をお楽しみください。
3日目: 伝統的な地方の朝食の後、ベトナムの中で最も発達が遅れた場所の山岳道路や舗装されていない道を走ります。そして貿易の街、Mu Cang Chaiに到着します。その街で唯一の民宿に泊まります。
4日目:ローカルの朝食後、泥道をさらに北へ進んで行きます。そこから15キロほど坂道を上り高原から周囲の町並みを見下ろす事ができます。それから美しい泥道を抜け竹で出来た吊り橋を渡り軽食を取るために止まります。最後はどこでもないどこでもない中心地に到着します。それからホテルに戻り、シャワーを浴び、それから何もない山の中でおいしい夕食とたくさんの飲み物をお楽しみください。
5日目:朝食のあとで、エンジンを切ってのんびり峠道を15キロほど下ります。それからベトナムで一番高い峠道を通ってサパに入ります。サパはフランス植民地時代のフランス人の避暑地でもあります。サパでは豪華なホテルに泊まり暖炉や暖かいブランデーをお楽しみ下さい。夕食は標高1800メートル、東南アジア一のイタリアンレストランにご案内いたします!
6日目:少し遅く起きて朝食をとり花モン族を訪れます。彼らは、日本語、フランス語、ドイツ語、英語そしてベトナム語を話す事が出来ます。昼食のあと、小道を走り、中国との国境のラオカイ駅に着きます。そこからバイクを列車に乗せ、ハノイまで戻ります。翌日、朝5時にハノイに到着します。わずか300キロの距離にもかかわらず、時速35キロなので9時間弱かかります!
7日目: あなたのお好きな時間に起床していただいてガイドと共にモダンなカフェの1つで朝食を頂きます。この日がハノイ市内の観光と買い物が出来る最終日となります。12時にホテルをチェックアウトしていただき空港までお送りします。帰国後、かなりお疲れになるとは思いますが、満足して頂ける事と思います。

Contact: E-mail: info@gogorider.com Skype: gogorider

どちら:バスツアーとバイクツアーのどちらがいいのか?



Misa と Nobukoがサンダーチャイルドに乗ってます

バスかバイク…..
バスに乗ってお土産やに連れて行かれるのとバイクに乗り、髪で風を感じ/切り
好きなところを見て回れるのとどちらがいいでしょうか?GOGOベトナムは自分の道/我が道を行き人とは違った旅を求める人のためのツアーです。
田舎の風景、ツーリングを楽しもう!
Minsk.....( ミンスク)
あなたが乗ることになるバイクは1968 BSA B441 CZスタイルで丘を駆け登るのにも十分な馬力を持ちつミンスク125cc多目的バイクです。
ちょっと変わったバイクですが、なにしろ丈夫なバイクですから・・・。
このバイクは旧ソ連によって第二次世界大戦時のBMWのスタイルを持ち、乗りやすく、頑丈で信頼できるバイクとしてデザインされました。
ギアは1ダウン、3アップ。ブレーキはすべてドラムスタイルでエンジンは多少の砂利が入った汚れたガソリンでも燃焼してしまう2サイクル。

どっちのバイクがいいのか?
GOGOベトナムには、現在お客様にお選びいただける3台のクラッシックミンスクがございます。ツアー申込み時にバイクをお選びいただくとツアー時ご利用いただくバイクの写真、バイクの仕様をお送りいたします。

1:ダークプリンス
このバイクは低位置に重心を持ち、乗り心地がよいバイクです。おそらく以前、豚と150キロのキャベツを市場まで運んでいたというような馬力と最高のトルク(注1)でハノイ一速いミンスクの一台となっています。(独自のテストで実証済み)
ダークプリンスには故障が少なくオリジナルのキャブレター(注2)シリンダーと新しいピストンを取り付けられています。私の長年のお気に入りのバイクでこれからもそうなり続けるでしょう。

2:サンダーチャイルド
このバイクは新しいギアを搭載し、スムーズに加速できるようにフル整備されており、泥道や山道を走り抜けれるよう低位置に大きなトルクが設置されています。
長く後方の高位置のサスペンションはレースカーのような感じになっています。
身長の高い人向きで安定した乗り心地のバイクです。サンダーチャイルドは信頼でき、ダークプリンスよりもやや新しいです。

3:カストロ
カストロは丈夫なバイクでキューバ大使の息子によってベトナムに持ち込まれたバイクです。GOGOベトナムが所持するバイクの中でももっともオリジナルの形を残したバイクです。古い型のサスペンションとキャブレター(注2)を装備していますが、座席には十分なクッションが入っているので乗り心地抜群です。
カストロは四輪駆動車のように山道を登り、平地ではキャデラックのように軽快にお乗りいただけるバイクです。

安全第一





海外保険

ツーリングなさる方々はかならず海外保険にお入り下さい。すべての乗り手と乗客には、緊急避難を含んでいる有効な保険がなければなりません。 GO-GOはツアー中に発生した事故、怪我は一切の責任を負いかねます。

バイクの乗車、発展途上国をカバーしている種類の保険にお入り下さい。日本やその他の国でも難しい保険 の種類ではありますがお入り頂く事をお進めします。私を含め、このツアー参加者で、事故を起こした方はどなたもいらっしゃいませんが、だからといって可能性がないわけではありません。

一般の地元の病院はあまりよくありません。現地外国人向けの病院はいいですが、その一方、料金が高いです。

国際免許

ツアーに参加される方は必ず、国際免許、日本のバイクの免許をお持ちください。


病気

ベトナム特有の気候風土と衛生状態の悪さから病気が発生する事があります。

日本の病院でるどの注射を受ければ良いか相談して下さい。またベトナム国事情のリンクページもご覧ください。



Twinrex(ジフテリアと破傷風)



Havrix(A・B型肝炎)



その他の予防注射は狂犬病、結核、黄熱、結核、コレラ、日本脳炎などがあります。しかしこれらはベトナム入国にあたっては特に義務づけられているものではありません。

また予防注射によって副作用が出る場合もあります。

とくにマラリアの最新の予防注射です。(ガイドは一度国際病院でマラリアの予防注射によって精神異常になった人を見かけました)

賢明な予防策としてはとにかく蚊にさされないようにする事です。長ズボンと長袖を着用し、蚊よけスプレーをすれば十分でしょう。ジャングルで暮らしている人たちにとっては大きな問題ですが私たち旅行者はまず問題ないといえます。

最も多い問題が下痢でしょう。しかし初めての国での初めての食べ物などでこれは避けられない問題でしょう。


事故

事故はいつでもどこでも起こる可能性があります。

このツアーでは危険な場合にはバイクを乗らない事になっています。安全第一を優先に危険を最小限にとどめツアーを催行いたします。

ツーリングが確実に安全に円滑に出来るように勤めます。

ツアー中、ガイドはすり傷、切り傷、やけどなど念のために、救急用具を一式持参いたします。。

いくら?




料金に何が含まれてる?



GOGOはあなたに活力と自由を提供いたします。

このツアーは料金にすべてが含まれます。バイク、ガソリン代、修理費、サドルバック、お食事、水そしてビール、滞在中の宿泊費、入場料、許可証代、フェリー代、ガイド料すべてが入っています。

ハノイまではご自身でいらしていただく事になりますが、そのあとはすべてお手伝いさせて頂きます。、そして、私たちは残りの世話をします。

唯一こちらでお支払いできないものは、ホテルのミニバー、マッサージ、お土産となります。

いくら?

2005年9月から2006年9月までの料金:

ツアーに参加される人数/一日あたり(お一人様の御料金)

お一人   / 26000円

2名様   / 23000円

3名様〜5名様/20000円       

もし参加されるお客様同士でタンデムなさる場合は1000円引きとなります。またガイドとタンデムの場合は1000円増しになります。

計算例は以下の通りです。

3名様が3日間ツーリングなさる場合。

3×20000円=6万円(お一人様あたり)になります。乗っている3民族は3×20,000=6万(お1人様あたり)!

ここまで来ていただければ素晴らしい道路、そして本当の民宿、5つ星ホテルにお食事、お飲み物を提供させていただきます。あなたのお財布は一切お使い頂く事はございません。

どのように支払うの?

このツアーに同意頂いた場合、日本の銀行に前金をお振り込みください。残金はハノイにて日本円、もしくはUSドルでお支払い下さい。カードはお使い頂く事が出来ませんのでご了承ください。ベトナムはまだ発展途上国ですのでカードはあまり安全な方法ではありません。当社の都合でツアーに出れない場合は振込で返金させていただきます